レディー

思春期になると悩むことが増え鬱病になりやすくなる

治療の流れと注意点

カウンセリング

近年、鬱病の患者がとても増えてきています。理由として現代社会はストレスを感じることが多くなってきているからでしょう。鬱病になってしまったら、専門の医療機関での治療が必要になります。この病気の治療には長い時間が掛かるのです。治療の流れを知っておけば、万が一の時にもスムーズに治療を進めることができるでしょう。一般的にこの病気の治療には時間がかかることが知られています。社会人の場合、時間がかかることを恐れて治療をせずに症状を悪化させてしまうことがあるのです。治療の前に知っておきたい知識として、この病気の場合は一気に症状が回復するのではなく、徐々に回復していくことが挙げられます。また、再発が多いのも特徴の一つでしょう。そして、治療にはカウンセリングと薬の服用、そして休養の3つが欠かせません。投薬治療で使用する抗うつ薬は、効果が発揮されるのに1週間から2週間は掛かります。さらに、副作用はすぐに出るといった特徴があるので、症状が悪くなったといって勝手に投薬治療を止めてしまう方もいるのです。このような行為は症状を極めて悪化させてしまうことがあるので、処方されている薬物について効果がないと感じている場合は医師と相談するようにしましょう。鬱病の治療は三段階に分かれています。最初の段階は急性期と呼ばれており、カウンセリングや投薬、休養によって治療を開始するのです。薬物の量は様子を見ながら調整していきます。最初は上記で説明したように薬の副作用の方が強く出てしまいますが、医師の指示した量を服用するようにしましょう。この段階の治療では、苛々することが少なくなり、憂鬱感や不安感も軽くなってきます。興味や関心も次第に戻ってきて、日常生活が少しずつ楽しくなってきます。次が回復期です。この段階で注意しておきたいことが希死念慮でしょう。段々と気力や体力が戻ってくる事で行動力も出てきます。例えば引き籠っていた方でも、少しずつ外出することができるようになってくるでしょう。その為、希死念慮が現れた時に実行に移す可能性が出てくるのです。本人は衝動的に行動を取ることがあるので、家族や友人などの周りの人間は患者の行動に注意を払う必要があります。そして、回復期は症状が悪くなったり良くなったりを繰り返して徐々に状態を安定させていくのです。その為、症状が回復したからといって勝手に治療を止めてしまうと、また症状は悪化し振り出しに戻るので気をつけましょう。再発予防機は、基本的に鬱病の再発を予防するための期間です。薬物治療を継続し再発予防に努めます。一般的に症状が安定してから1年から2年ほど薬物治療を続けるのです。調子のいい状態を維持する必要があるので、しっかりと薬物による治療を行いましょう。鬱病はとても再発率が高い病気です。薬物治療が終了した後でも油断はできません。少しの変化も見逃さないようにするのが大切になってくるでしょう。