レディー

思春期になると悩むことが増え鬱病になりやすくなる

女性の鬱病

ハート

近年話題になっているのが、女性の社会進出です。以前と比べると多くの女性が社会に進出するようになりました。現在では女性経営者などは珍しくもありません。ですが、まだまだ女性に対する差別やセクハラは多く、そのようなことからストレスを生じさせる事が多いと言われています。そして、ストレスが主な原因とされている鬱病を患う女性の方が増えてきているのです。このようなストレスを溜める要因として、女性特有の問題があるので勉強していきましょう。セクハラや差別はとても大きなストレスを生じさせます。女性は男性とは違ったストレスを感じることが多いと言えるのです。今までは男性主体の社会環境も相まって、女性に対する差別はまだまだ健在でしょう。仕事に対することから、産休や育休に関することまで様々です。そのような女性差別が原因で、社会進出した女性の方は自分の限界以上に頑張ってしまう傾向にあります。会社に認められたいと思う一心で無理に働き、ストレスを溜め込んでしまうのです。自分の体力や心には限界があります。限界を見定めることが大切なのです。また、育休や産休に関しても世間には十分理解してもらっているとは言えません。産休や育休中の収入が途絶えることで、不安やストレスが生じることがあります。また、休暇自体を認めてもらえず会社を退職させられてしまうことも珍しくはないのです。子供を育てながら働きたいと思っている女性の方は、最近では多いと言われています。将来に対する漠然とした不安はストレスになるのです。女性差別と同じで鬱病も一般的にはまだ理解が得られているとは言えません。その為、女性がこの病気を患った場合、男性以上に理解を得ることが難しいのです。そして、女性のストレスの原因として最も大きなものが、セクハラでしょう。最近では段々とセクハラに対しての認識が深まり、セクハラを撲滅するための取り組みを行っている会社も増えてきています。身体を触ることはもちろんですが、無理に食事に誘ったりするのもセクハラです。食事やデートに誘われるのが嫌で会社に出社できなくなってしまう方も少なくありません。このようなセクハラによって生じたストレスが原因で鬱病を発症してしまうのです。このような事が起こる原因としては、女性が働きやすい社会になったとは言え、セクハラや差別はなくなっていないことです。完璧に仕事や家事をこなすのは難しいことなので、どこかで息抜きをするようにしましょう。女性の鬱病の場合は症状として不眠や強い不安、体重の減少、イライラ、動悸やめまいなどが挙げられます。このような症状が出た場合は病気を疑いましょう。しっかりと自己管理することも病気の予防には大切なことです。また、セクハラや女性差別などで困っている時は、転職も考えてみると良いでしょう。会社を変えることで、環境が良くなることがありますので、何かあった場合は転職も検討しておくのがおすすめです。