実は身近な病気!鬱病について知ろう

思春期になると悩むことが増え鬱病になりやすくなる

勘違いを解消

悩む女性

鬱病の患者の多くは病気について勘違いをしており、そのせいで治療が遅れてしまうことがあります。勘違いを一つ一つ解消していくことで効果的な病気の治療を実現することができるでしょう。

詳しく見る

治療の流れと注意点

カウンセリング

近年増加傾向にある鬱病ですが、治療には時間が掛かることで有名です。今回はこの病気を治療する際の流れや注意点を紹介していきます。流れが分かっているとスムーズに治療することができるでしょう。

詳しく見る

女性の鬱病

ハート

最近では女性でも働きやすい会社が増えてきている為、女性の社会進出を後押ししています。ですが、セクハラは差別が完全になくなった訳ではなく、女性の鬱病患者も増えてきているのです。

詳しく見る

思春期の病気

ドクター

思春期に差し掛かると、何かと変化することが多く気持ちも不安定になりがちです。そして、鬱病を患ってしまうケースも少なくはありません。思春期は何かと悩みが多いでしょう。何気ない一言に影響されて、この病気を患う方も多いのです。そして、思春期だからといって、病気に気づかない方も多いので注意が必要になります。例えば、完璧を求められて育った場合は、大きなステレスを生じさせてしまうことがあるのです。厳格な家庭の場合は、学校の成績が少しでも悪いと激しく怒られてしまうことも多いでしょう。人には向き不向きがあるので、勉強だけではなく全てにおいて完璧を求めてしまうとストレスを生じさせてしまいます。思春期は心の状態が不安定なため、すぐにキャパシティーを超えてしまうのです。また、そのように完璧を求められ、期待に答えられなくなってくると次第に居場所がなくなってきていると感じてしまいます。これが部屋に引き籠ってしまう原因にもなるのです。いじめなども大きなストレスになります。学校でいじめられたりすると、学校に行きたくなくなり、不登校になるでしょう。自分の存在価値がないと思うようになり、抑うつ状態に陥ってしまうのです。また、思春期の子供は、自分の気持ちをうまく表現することができずに、内に留めてしまうことが多くなります。誰にも相談できないまま、遂には鬱病を発症させてしまうのです。上記でも紹介した通り、思春期は何かと悩みが多く、心のバランスが不安定になります。そのような時期にいじめなどによる大きなストレスを感じると、途端に病気を発症させてしまうのです。心が不安定なため、ストレスを感じることも多くなってきます。勉強も小学校高学年辺りからどんどん難しくなっていくでしょう。勉強についていけない不安やコンプレックスがストレスになります。友人関係なども大きく変化してくるでしょう。学校というものは、限られた社会です。その限られた社会の中で友人関係がうまくいかなくなることは、大きなストレスを生じさせます。友人関係がうまくいかなくなると、学校に行くだけでもストレスに感じるのです。これは大人が想像する以上のストレスを生じさせるでしょう。また、最近だと携帯電話やスマートフォンも普及してきており、手放せない存在になってきています。携帯電話やスマートフォンを利用する時間が増えることで、睡眠時間などにも影響が現れるのです。夜更かしによる睡眠不足によって生活リズムが狂うとストレスを感じることが多くなってきます。また、SNSの発達でいじめなども進化してきているのです。直接顔を合わせることなく陰口や文句を言われるなど陰湿になってきています。周りから自分はどう見えているのか気にするようになり、ストレスに感じてしまうのです。子供が笑わなくなったり無表情になる、苛々し怒りっぽくなる、勉強に集中できなくなってくると鬱病の疑いがあります。変化に気付くには日頃から子供とコミュニケーションをとっておくことが大切になるでしょう。

精神科とは

ウーマン

鬱病の治療は、一般的に精神科で行います。精神科と聞くと怖いイメージがありますが、そのようなことはありません。精神科についての誤解を少しずつ解消していきましょう。

詳しく見る